栄養豊富な主食

米

日本人が古くから主食にしているのがお米です。お米のなかでもほとんどの家庭で使われているのは白米でしょう。白米は旨味が多くいろいろな料理と相性がいいお米です。しかし、美容や健康のことを考えるのであれば白米を玄米に変えたほうがいいでしょう。玄米には白米にない優れた栄養がたくさんふくまれているのです。玄米というのは精白されていない白米のことで、炊いたときに穀物特有のニオイが溢れる少し茶色いお米のことです。白米よりも噛みごたえや味の癖があるので苦手だと感じる人も少なくありません。白米は糠や胚を取り除いて精白しているものですが、この糠や胚には食物繊維やビタミン、カリウムやタンパク質などいろいろな栄養が含まれているのです。玄米はその糠や胚を一緒に食べることができるので栄養が高く、美白やむくみ、老化防止やダイエットなどいろいろなことに効果が期待できます。例えば、玄米にはビタミンEが含まれていて、これには体の老化を促す活性酸素を除去する力があるのです。また、ビタミンB1が含まれているおかげで糖質や脂肪の代謝がよくなり痩せやすくもなるでしょう。玄米に含まれるカリウムは余分な塩分を取り除いて利尿作用をもたらすので、手足や顔、全身のむくみに効果が期待できます。食物繊維は整腸作用が高いので便秘を解消させ、老廃物を体内に溜め込まなくなるでしょう。このように健康や美容に効果的な玄米ですが、いきなり玄米だけを食べることに抵抗を感じる人も少なくありません。初めは白米に少しずつ混ぜて、徐々にその割合を増やしていくといいでしょう。